朝三暮四

【読み】 ちょうさんぼし
【意味】 朝三暮四とは、目先の違いにこだわって、結果が同じになることに気が付かないことのたとえ。また、ことば巧みに人をだますこと。

【朝三暮四の解説】

【注釈】 春秋時代、宋の狙公は猿をたくさん飼っていた。狙公が貧しくなり、猿の餌代を節約しようと思ったが、猿になつかれなくなることを心配して、猿をなんとかだまそうと思った。
「朝に三つ、夕方に四つとちの実(餌)をやろう」と言うと猿たちは怒り、「それなら朝に四つ、夕方に三つにしよう」と言うと、猿は大喜びしたという話に基づく。
【出典】 『列子』
【注意】 「朝令暮改」と混同して使うのは誤り。
誤用例 「朝三暮四で次々と制度が変わるのは、混乱を招きかねない」
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「現金支給には素直に喜べない。その分手当が減るのだから、目先の金に一喜一憂している者は朝三暮四である」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス