忠言耳に逆らう

【読み】 ちゅうげんみみにさからう
【意味】 忠言耳に逆らうとは、忠告の言葉は、聞く者にとっては耳が痛いから、素直に受け入れられにくいということ。

【忠言耳に逆らうの解説】

【注釈】 真心を込めていさめる言葉や忠告は、聞く側にとってはつらいものだから、なかなか素直に受け入れられないものだということ。
「忠言」とは、真心を込めていさめる(=不正や欠点を改めるよう忠告する)言葉のこと。
『孔子家語・六本』に「孔子曰く、良薬は口に苦けれども病に利あり、忠言は耳に逆らえども行いに利あり」とあるのに基づく。
「忠言は耳に逆らう」とも。
【出典】 『孔子家語』
【注意】 「忠告耳に逆らう」というのは誤り。
【類義】 諫言耳に逆らう/金言耳に逆らう/苦言は薬なり、甘言は病なり/薬の灸は身に熱く、毒な酒は甘い/至言は耳に忤う/忠は憎みのもと/良薬は口に苦し
【対義】 佞言は忠に似たり
【英語】 Good advice is harsh to the ear.(忠言は耳に痛い)
Truth finds foes, where it makes none.(真実は自ら敵を作らないのに敵ができてしまう)
Good medicine is(tastes) bitter to the mouth.(良薬は口に苦し)
【用例】 「忠言耳に逆らうというから君の気持ちもわかるが、すべてがうまくいっている今こそ恩師の厳しい言葉に耳を傾けるべきではないか」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス