忠臣は二君に仕えず

【読み】 ちゅうしんはにくんにつかえず
【意味】 忠臣は二君に仕えずとは、忠実な臣下は、いったん主君を決めたら、他の主君に仕えないということ。

【忠臣は二君に仕えずの解説】

【注釈】 『史記』に「忠臣は二君に仕えず、貞女は二夫を更えず(真心こめて使える臣下は決して主人を変えず、貞節を守る女性は二人の夫に仕えるようなことはしない)」とあるのに基づく。
「忠臣は二君に事えず」とも書く。
【出典】 『史記』
【注意】
【類義】 賢臣は二君に仕えず/忠なれば即ち二心無し/貞女は両夫に見えず
【対義】
【英語】 He that serves two masters has to lie to one of them.(二人の主人に仕える者は、どちらかの主人に嘘を言わねばならない)
【用例】 「たとえ会社が倒産したとしても、自分は社長についていく。忠臣は二君に仕えずだ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス