毒を食らわば皿まで

【読み】 どくをくらわばさらまで
【意味】 毒を食らわば皿までとは、悪事に手を染めた以上は、どこまでもそれに徹しようとたとえ。また、どうせここまでやったのなら、最後までやり通そうというたとえ。

【毒を食らわば皿までの解説】

【注釈】 一度毒入りの料理を食べてしまった以上、死ぬことに違いはない。どうせなら毒を盛った皿まで舐めても同じことだからと、居直って悪事を続けること。
「食らわば」は「食らう」の未然形に助詞の「ば」が付いたもので、「食べたら」の意味。
「毒食らわば皿まで」「毒食わば皿まで」「毒を食わば皿を舐れ」ともいう。
【出典】
【注意】 「食らわば」を「食うなら」「食わらば」「食わばら」とするのは誤り。
【類義】 尾を踏まば頭まで/濡れぬ先こそ露をも厭え
【対義】
【英語】 In for a penny, in for a pound.(ペニーを手に入れる仕事を始めたからには、ポンドも手に入れなくてはならない)
As well be hanged for a sheep as a lamb.(子羊を盗んで絞首刑になるより、親羊を盗んで絞首刑なったほうがましだ)
【用例】 「毒を食らわば皿までと思っているのか、悪事に手を染めた彼の言動は、日に日にエスカレートしていった」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス