読書百遍義自ずから見る

【読み】 どくしょひゃっぺんぎおのずからあらわる
【意味】 読書百遍義自ずから見るとは、どんなに難しい書物であっても、繰り返し読むうちに意味が自然とわかるようになるものだということ。

【読書百遍義自ずから見るの解説】

【注釈】 魏の学者董遇が、弟子入りを申し込んだ者に対して言った「読書千遍、其の義自ら見る」から。
多くの本を読めばよいというものではなく、良い書物を熟読することに意味があるという乱読を戒める意味を含む。
【出典】 『三国志』魏志-董遇・裴松之注
【注意】 「見る」を「みる」と読むのは誤り。
「見る」を「現れる」と書くのは誤り。
【類義】 誦数以て之を貫く/読書百遍意自ずから通ず
【対義】
【英語】 Repeated reading makes the meaning clear.(くり返し読めば意味がはっきりしてくるものだ)
【用例】 「読書百遍義自ずから見るというように、最初は意味がわからなかった本も、何度か読むうちに言いたいことが理解できるようになった」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス