毒を以て毒を制す

【読み】 どくをもってどくをせいす
【意味】 毒をもって毒を制すとは、悪を除くために別の悪を利用すること。

【毒を以て毒を制すの解説】

【注釈】 毒に当たった病人の治療で、別の毒を用いて解毒することから、悪を滅ぼすために別の悪を利用するということ。
宋代の禅書『嘉泰普灯録』に「機を以て機を奪い、毒を以て毒を制す」とあるのに基づく。
「毒を以て毒を攻む」とも。
【出典】 『嘉泰普灯録』
【注意】 「毒を持って毒を制す」「毒を盛って毒を制す」と書くのは誤り。
【類義】 油を以て油煙を落とす/夷を以て夷を制す/楔を以て楔を抜く/邪を禁ずるに邪を以てす/盗人の番には盗人を使え/火は火で治まる/暴を以て暴に易う
【対義】 火で火は消えぬ
【英語】 Contraries cure contraries.(反対物は反対物を治療する)
【用例】 「何の罪もない人を陥れ、苦しめるような悪人には、毒をもって毒を制すことも必要だろう」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典四字熟語辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス