団栗の背比べ

【読み】 どんぐりのせいくらべ
【意味】 どんぐりの背比べとは、どれもこれも似たり寄ったりで、抜きん出た者がいないことのたとえ。

【団栗の背比べの解説】

【注釈】 どんぐりは形も大きさもほぼ一様で差がないので、背比べをしても優劣が決められないことからいう。
「背比べ」は「背競べ」とも書く。
【出典】
【注意】
【類義】 一寸法師の背比べ/五十歩百歩大同小異/似たり寄ったり
【対義】
【英語】 Neither barrel better herring.(どの樽のニシンも優劣はない)
【用例】 「今大会の出場選手はどんぐりの背比べで、優勝候補と呼ばれる選手は不在だった」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典類語玉手箱日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス