泥棒を捕らえて縄を綯う

【読み】 どろぼうをとらえてなわをなう
【意味】 泥棒を捕らえて縄を綯うとは、事が起きてから慌てて準備を始めることのたとえ。

【泥棒を捕らえて縄を綯うの解説】

【注釈】 泥棒を捕まえてから慌てて縄を準備しても、泥棒は逃げてしまうだろうということから。
「綯う」とは、糸や紐を一本により合わせること。
「盗人を捕らえて縄を綯う」ともいう。
略して、「泥縄」ともいう。
【出典】
【注意】
【類義】 戦を見て矢を矧ぐ/諍い果てての乳切り木/飢えに臨みて苗を植う/溺るるに及んで船を呼ぶ/渇して井を穿つ/喧嘩過ぎての棒乳切り/敵を見て矢を矧ぐ/難に臨んで兵を鋳る/盗人を見て縄を綯う/はまった後で井戸の蓋をする
【対義】 遠慮なければ近憂あり/暮れぬ先の提灯/転ばぬ先の杖備えあれば憂いなし濡れぬ先の傘
【英語】 Have not thy cloak to make when it begins to rain.(雨が降りはじめてからレインコートを作らせるな)
Don't lock the stable door after the horse has been stolen.(馬が盗まれてから馬小屋に鍵をかけるな)
【用例】 「twitterで『浮気バレたなう。今後どうすれば離婚されずに済むか、アドバイス募集中なう』とつぶやいている人を見たけれど、バレた後はもうどうしようもないだろう。泥棒を捕らえて縄を綯うというものだ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス