同病相憐れむ

【読み】 どうびょうあいあわれむ
【意味】 同病相憐れむとは、同じ病気や悩み苦しみを持つ者は、互いの辛さがわかるので助け合い同情するものだということ。

【同病相憐れむの解説】

【注釈】 『呉越春秋』にある「同病相憐れみ、同憂相救う」から。
【出典】 『呉越春秋』闔閭内伝
【注意】 「憐」は表外字であるが、「同病相哀れむ」ではなく「同病相憐れむ」と書くのが一般的。
【類義】 狼は互いに食わず/烏は烏の眼をほじくらない/同悪相助く/同類相憐む
【対義】
【英語】 Misery makes strange bedfellows.(不幸は奇妙な仲間を作る)
Misery loves company.(不幸は仲間を愛する)
【用例】 「同病相憐れむの精神で、被災者同士いたわり合っていきたい」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス