同工異曲

【読み】 どうこういきょく
【意味】 同工異曲とは、手法や技量が同じであっても、味わいや趣きは様々であること。転じて、見かけは違っていても内容はほとんど同じであること。

【同工異曲の解説】

【注釈】 元々は、音楽の演奏や詩文などについていった。
「工」=巧みさや技量のこと。
【出典】 韓愈『進学解』
【注意】 「同巧異曲」と書くのは誤り。
【類義】 異曲同工/大同小異
【対義】
【英語】
【用例】 「最近流行りの歌謡曲はどれも似たような歌ばかりで、同工異曲に思えるよ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス