堂に入る

【読み】 どうにいる
【意味】 堂に入るとは、学問・技量が非常にすぐれていること。物事に習熟していること。

【堂に入るの解説】

【注釈】 「堂」は、表の客間のこと。
「室」は、奥の間。
学問や技芸はそこそこ上達しているが、客間にのぼった程度で、まだ奥にまで入っていない(奥義を極めるに至っていない)という意味の「堂に升りて室に入らず」という『論語』にある言葉から。
【出典】
【注意】 「入る」を「はいる」と読むのは誤り。
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「堂に入った芝居だ」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

堂に入るの意味・語源・由来 - 語源由来辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス