同舟相救う

【読み】 どうしゅうあいすくう
【意味】 同舟相救うとは、たとえ敵同士でも見ず知らずの者同士であっても、危険にさらされれば互いに助け合うものだということ。

【同舟相救うの解説】

【注釈】 同じ舟に乗り合わせていれば、危機が迫ったときには相手が誰であれ、力を合わせて助け合うことから。
『孫子・九地』にある「其の舟を同じくして済りて風に遭うに当たれば、その相救うや左右の手の如し(同じ舟に乗って川を渡っているときに、大風が吹いて舟が転覆しそうになれば、互いが左右の手のように動いて助け合った)」とあるのに基づく。
【出典】 『孫子』
【注意】
【類義】 呉越同舟
【対義】
【英語】 while the thunder lasted, two bad men were friends.(雷が鳴っている間は、二人の悪人どもは友人であった)
Woes unite foes.(災いは敵同士を団結させる)
【用例】 「同舟相救うで、いざとなったらライバル会社との提携も視野に入れよう」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス