鳶が鷹を生む

【読み】 とびがたかをうむ
【意味】 鳶が鷹を生むとは、平凡な親からすぐれた子供が生まれることのたとえ。

【鳶が鷹を生むの解説】

【注釈】 鳶も鷹も同じ仲間で、姿や大きさも似ているが、鳶を平凡なものとし、鷹をすぐれたものにたとえている。
転じて、平凡な両親からすぐれた子が生まれたという意味。
「とび」は「とんび」とも読む。
【出典】
【注意】
【類義】 烏の白糞/鳶が孔雀を生む/百舌が鷹を生む
【対義】 瓜の蔓に茄子はならぬ/燕雀鳳を生まず/蛙の子は蛙/狐の子は面白/この親にしてこの子あり/この父ありて斯にこの子あり/将門に必ず将あり、相門に必ず相あり/鳶の子は鷹にならず/鳩の卵が鵯にはならぬ/蝮の子は蝮
【英語】 A black hen lays a white egg.(黒い雌鳥が白い卵を産む)
【用例】 「父親は学校の成績が散々だった。その父親の息子が東大に行くなんて、まさに鳶が鷹を生むということだね」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス