鳶に油揚げを攫われる

【読み】 とびにあぶらあげをさらわれる
【意味】 鳶に油揚げをさらわれるとは、自分の大事なものや手に入れられると当て込んでいたものを、不意に横からさらわれることのたとえ。また、奪われて呆然としている様子のこと。

【鳶に油揚げを攫われるの解説】

【注釈】 鳶は普段は悠々と空を飛んでいるが、ひとたび獲物を見つけると非常に素早く空から舞い降りて獲物をさらっていくことから。転じて、大事なものや当然手に入れられると思っていたものを、うっかりしているうちに突然横から奪われて唖然としている様をいう。
さらわれるものがなぜ油揚げなのかについては、鳶の好物が油揚げというわけではなく、人間が神社に供えるものとして油揚げがあり、それを奪って食べたことからとされている。
「とび」は「とんび」、「あぶらあげ」は「あぶらげ」ともいう。
【出典】
【注意】
【類義】 月夜に釜を抜かれる/鳶に掛けられる
【対義】
【英語】 While the dogs growl, the wolf devours the sheep.(犬たちが争っている間に狼が羊を食う)
【用例】 「友人と同じ女性を好きになり、どちらが彼女に告白をするかで争っていたが、その間に彼女は恋人ができていた。二人とも鳶に油揚げをさらわれたような気分だよ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド語源由来辞典四字熟語辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス