飛ぶ鳥跡を濁さず

【読み】 とぶとりあとをにごさず
【意味】 飛ぶ鳥跡を濁さずとは、立ち去る者は、自分のいた場所を汚れたままにせず、きれいにしてから行くものだといういましめ。また、引き際はきれいであるべきということ。

【飛ぶ鳥跡を濁さずの解説】

【注釈】 水鳥が飛び立った後の水辺が、濁らずに清いままであることから。
本来は「立つ鳥跡を濁さず」という。
「飛ぶ鳥」を「飛んでいる鳥」と解釈すると誤用になるが、ここでの「飛ぶ」は「飛び立つ」を意味するため、「飛ぶ鳥跡を濁さず」でも間違いではない。
【出典】
【注意】
【類義】 鷺は立ちての跡を濁さず/立つ鳥跡を濁さず/鳥は立てども跡を濁さず
【対義】 後足で砂をかける後は野となれ山となれ/先は野となれ山となれ/末は野となれ山となれ/旅の恥はかき捨て/旅の恥は弁慶状
【英語】 It is foolish bird that defiles its own nest.(巣を汚す鳥は愚かだ)
【用例】 「飛ぶ鳥跡を濁さずというから、退職する日までに自分の使っていたところはきれいに掃除しておこう」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス