時は金なり

【読み】 ときはかねなり
【意味】 時は金なりとは、時間はお金と同様に貴重なものだから、決して無駄にしてはいけないという戒め。

【時は金なりの解説】

【注釈】 西洋のことわざ「Time is money.」から。
時間は貴重なものであって、金銭と同じように大切で価値があるのだから、浪費するものではないという戒め。
時間は無駄に費やすものではなく、有効に使うべきである。
【出典】
【注意】 「金」を「きん」と読むのは誤り。
【類義】 一刻千金一寸の光陰軽んずべからず
【対義】
【英語】 Time is money.(時は金なり)
【用例】 「時は金なりだ。受験前の大切な時期なんだから、友達と長電話する暇があるなら英単語の一つでも覚えないさい」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス