図南の翼

【読み】 となんのつばさ
【意味】 図南の翼とは、大事業を企てて成し遂げようとすることのたとえ。

【図南の翼の解説】

【注釈】 「図」は、企てること。
「南」は、南方の大海をさす。
『荘子』にある以下の故事に基づく。
極北の海に鯤という巨大な魚が鵬という鳥に化け、大きな翼で羽ばたき九万里もの高さまで空高く舞い上がり、南の果ての空まで行こうとしていた。
【出典】 『荘子』
【注意】
【類義】 図南鵬翼
【対義】
【英語】
【用例】 「彼はその時すでに、図南の翼を持っていた」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス