隣の花は赤い

【読み】 となりのはなはあかい
【意味】 隣の花は赤いとは、他人のものは何でもよく見えて、うらやましく思うことのたとえ。また、他人の持つ珍しいものをすぐに欲しがることのたとえ。

【隣の花は赤いの解説】

【注釈】 隣の家に咲いている花は、自分の家に咲いている花よりも赤く美しく見えることから。 「隣の薔薇は赤い」とも。
【出典】
【注意】
【類義】 内の米の飯より隣の麦飯/隣の芝生は青く見える/隣の糂汰味噌
【対義】 隣の白飯より内の粟飯
【英語】 The grass is always greener on the other side of the fence.(隣の芝生はいつも青い)
Our neighbour's ground yields better corn than our own.(隣人の土地は自分の土地よりよい穀物ができる)
【用例】 「隣の花は赤く見えるもので、友人の子供たちは、うちよりずっと行儀がよくて利口に見える」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス