飛んで火に入る夏の虫

【読み】 とんでひにいるなつのむし
【意味】 飛んで火に入る夏の虫とは、自ら進んで危険や災難に飛び込んでいくことのたとえ。

【飛んで火に入る夏の虫の解説】

【注釈】 昆虫は光に向かって飛ぶ習性を持つため、人間は誘蛾灯などでおびきよせ害虫を駆除する。
灯火をめがけて飛んでくる夏の虫のように、自分から危険なところに身を投じ、災難を招くこと。
【出典】
【注意】 「入る」を「はいる」と読むのは誤り。
【類義】 蛾の火に赴くが如し/愚人は夏の虫/手を出して火傷する/飛蛾の火に入るが如し/我と火に入る夏の虫
【対義】
【英語】 Who perishes in needless danger is the devil's martyr.(不必要な危険で死ぬ者は悪魔の殉教者も同然である)
【用例】 「素人があんな危険なカーレースをすれば、事故が起きるに決まっているだろう。飛んで火に入る夏の虫というものだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス