十で神童十五で才子二十過ぎれば只の人

【読み】 とおでしんどうじゅうごでさいしはたちすぎればただのひと
【意味】 十で神童十五で才子二十過ぎればただの人とは、幼少時代は並外れてすぐれているように見えても、多くは成長するにつれて平凡な人になってしまうことのたとえ。

【十で神童十五で才子二十過ぎれば只の人の解説】

【注釈】 十歳の頃に「神童」と称され、十五歳になって「才子」と言われるような、才知ある子供でも、成長するにつれてごく平凡な人間になってしまうことはよくある。
自分の子を神童と思い込んでいる人に対しては戒めの意で、かつて神童と称された人は自嘲の気持ちを込めて使うことが多い。
「十で神童十五で才子二十過ぎては只の人」とも。
【出典】
【注意】 「十」を「じゅう」、「二十」を「にじゅう」と読むのは誤り。
【類義】 六歳の神童十六歳の才子二十歳の凡人
【対義】 啄木鳥の子は卵から頷く/虎子地に落ちて牛を食らうの気あり/蛇は一寸にしてその気あり/蛇は一寸にしてその気を得る/蛇は寸にして人を呑む/食牛の気/栴檀は双葉より芳し大器晩成/梅花は莟めるに香あり/実の生る木は花から知れる/竜の子は小さしといえども能く雨を降らす/竜は一寸にして昇天の気あり/良竹は生い出るより直ぐなり
【英語】 A man at five may be a fool at fifteen.(五歳で大人並みの子は十五歳で馬鹿になる)
【用例】 「十で神童十五で才子二十過ぎればただの人ということもある、三歳で英語が話せるようになったからと言って、過度に期待をかけすぎてはならない」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス