遠くて近きは男女の仲

【読み】 とおくてちかきはだんじょのなか
【意味】 遠くて近きは男女の仲とは、男と女は遠く離れているように見えて、意外と結びつきやすいものであるということ。

【遠くて近きは男女の仲の解説】

【注釈】 清少納言の『枕草子・一六一段』に「遠くて近きもの、極楽、舟の道、男女の仲」とある。
「仲」は「中」とも書く。
「遠くて近きは男女の間」ともいう。
【出典】
【注意】
【類義】 遠くて近きは恋の道、近くて遠きは田舎の道
【対義】
【英語】 Man is fire, and woman tow; the devil comes and sets them in a blaze.(男は火、女は麻屑、悪魔が来て彼らをぱっと燃やす)
【用例】 「遠くて近きは男女の仲で、彼らはいつの間にか日本とアメリカで遠距離恋愛をしているそうだよ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス