虎の尾を踏む

【読み】 とらのおをふむ
【意味】 虎の尾を踏むとは、きわめて危険なこと。また、非常な危険をおかすことのたとえ。

【虎の尾を踏むの解説】

【注釈】 噛み殺されるかもしれない恐ろしい虎の尾を踏みつけるようなものだという意味から。
『易経・履卦』に「虎尾を履む、人を咬まず」とあるのに基づく。
【出典】 『易経』
【注意】
【類義】 危うきこと虎の尾を踏むが如し/危うきこと累卵の如し/蜘蛛の巣で石を吊る/氷に座す/氷を歩む/重卵より危うし/深淵に臨んで薄氷を履むが如し/虎の口へ手を入れる/薄氷を履むが如し/竜の頷の珠を取る/竜の鬚を撫で虎の尾を踏む/累卵の危うき/累卵より危うし
【対義】
【英語】
【用例】 「虎の尾を踏む思いで、激しい乱闘を止めにいった」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス