捕らぬ狸の皮算用

【読み】 とらぬたぬきのかわざんよう
【意味】 捕らぬ狸の皮算用とは、手に入るかどうかもわからない不確かなものに期待をかけて、ああだこうだと計画をねることのたとえ。

【捕らぬ狸の皮算用の解説】

【注釈】 まだタヌキも捕らえていないうちから、タヌキの皮を売って儲ける計算をすることから。
タヌキの皮は防寒着として、昔は高く売られていたらしい。
「算用」とは、金銭の額や物の数量を計算するという意味。
「捕らぬ」は、「取らぬ」「獲らぬ」とも書く。
【出典】
【注意】 「皮算用」を「革算用」と書くのは誤り。
【類義】 穴の狢を値段する/生まれぬ前の襁褓定め/海も見えぬに船用意/沖な物あて/沖のはまち/卵を見て時夜を求む/長範があて飲み/飛ぶ鳥の献立/儲けぬ前の胸算用
【対義】
【英語】 Catch the bear before you sell its skin.(毛皮を売る前に熊を捕らえよ) Don't count your chickens before they are hatched.(卵がかえらないうちから雛鳥の数を数えるな)
【用例】 「来年のお年玉をあてにしてゲーム機を買うだなんて、獲らぬ狸の皮算用というものよ。まだもらってもいないのに」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス