虎は死して皮を留め、人は死して名を残す

【読み】 とらはししてかわをとどめ、ひとはししてなをのこす
【意味】 虎は死して皮を留め人は死して名を残すとは、虎が死んだ後にも美しい毛皮を残すように、人は死んだ後に名前を残すような生き方をすべきだという教え。

【虎は死して皮を留め人は死して名を残すの解説】

【注釈】 虎は死んだ後その毛皮が珍重され、偉業を成した人は死んだ後その名を語り継がれる。
人は名誉を重んじることが大切だという教訓として言われることわざ。
『十訓抄・四』に「虎は死して皮を残す、人は死して名を残す」とあるのに基づく。
「虎は死して皮を残し、人は死して名を残す」ともいう。
【出典】 『十訓抄』
【注意】 「皮」を「革」と書くのは誤り。
【類義】 人は一代名は末代/豹は死して皮を留め、人は死して名を留む
【対義】
【英語】 Live well and live forever.(立派な生き方をすれば永遠に生きることができる)
He has not lived that lives not after death.(死して生きざるは生きたるにあらず)
【用例】 「今の研究成果でも充分認められているが、このままでは終わりたくない。虎は死して皮を留め人は死して名を残すというように、死ぬまでには自分の死後に語り継がれるような偉大な研究成果を残したい」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス