鳥なき里の蝙蝠

【読み】 とりなきさとのこうもり
【意味】 鳥なき里の蝙蝠とは、すぐれた者がいないところでは、つまらぬ者が威張っていることのたとえ。

【鳥なき里の蝙蝠の解説】

【注釈】 鳥のいない村里ではこうもりでも我が物顔で威張るという意味から、すぐれた者がいないところでは、つまらない者が幅をきかすことのたとえ。
【出典】
【注意】
【類義】 鼬の無き間の貂誇り/犬のいない所では狐が王様/鷹がいないと雀が王する/鷹のない国では雀が鷹をする/貂なき森の鼬/貂なき山に兎誇る/鳥なき島の蝙蝠
【対義】
【英語】 He that has one eye is a king among the blind.(片目でも盲目国では王様)
The best man in the company when there is no more.(より以上の者がいないとき、皆の中で一番優れた人物)
For want of a wise man a fool is set in the chair.(賢者がいないので、愚者が議長席に就かせられる)
【用例】 「彼は自分の部署では王様のように振舞っているそうだ。まるで鳥なき里の蝙蝠だよ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典違いがわかる事典なぜなに大事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス