取り付く島もない

【読み】 とりつくしまもない
【意味】 取り付く島もないとは、頼りにするところが何もないこと。何かを頼んだり相談しようとしても、相手の態度が冷たくて、きっかけがつかめないことのたとえ。

【取り付く島もないの解説】

【注釈】 「島」は、頼れるもの・よりどころを表す。
【出典】
【注意】 「し」と「ひ」の混同から、また、つっけんどんにされる意味から、「取り付く暇もない」というのは誤り。
【類義】 にべもない
【対義】
【英語】 To be thrown upon one's own resources.(自力に頼るよう突き放される)
【用例】 「借金の申し込みに行ったが、取り付く島もなかった」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス