塗炭の苦しみ

【読み】 とたんのくるしみ
【意味】 塗炭の苦しみとは、耐え難い苦しみ、ひどい苦痛のたとえ。

【塗炭の苦しみの解説】

【注釈】 「塗」は泥、「炭」は火のことで、泥にまみれ火に焼かれるほどの苦しみという意味から。
『書経』に「有夏昏徳にして民塗炭に墜つ(夏の傑王は、不徳の暴君だったので、人民は泥にまみれ」火に焼かれるような苦しみに陥った)」とあるのに基づく。
【出典】 『書経』
【注意】 「途端の苦しみ」と書くのは誤り。
【類義】 水火の苦しみ/塗炭に墜つ
【対義】
【英語】 Fret like a frog under a harrow.(砕土機の下になった蛙のように悩む)
【用例】 「国が膨大な借金を背負ったおかげで、人々は塗炭の苦しみを味わうこととなった」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

塗炭の苦しみの意味・語源・由来 - 語源由来辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス