豆腐に鎹

【読み】 とうふにかすがい
【意味】 豆腐に鎹とは、手応えや効き目が、まったく無いことのたとえ。

【豆腐に鎹の解説】

【注釈】 やわらかい豆腐に鎹を打ち込んでも何の手応えもないことから、いくら意見などしても一向に効き目がないことの意味。
「鎹」とは、材木と材木をつなぎとめる「コ」の字をした金具のこと。
『上方(京都)いろはかるた』の一つ。
【出典】
【注意】 「糖にかすがい」というのは誤り。
「糠に釘」と混同して「糠に鎹」とするのは誤り。
「暖簾に腕押し」と混同して「豆腐に腕押し」とするのは誤り。
【類義】 石に灸/石に針/大黒柱と腕押し/沢庵のおもしに茶袋/土に灸/泥に灸/生壁の釘/糠に釘/沼に杭/暖簾と臑押し/暖簾と相撲/暖簾に腕押し
【対義】
【英語】 It is like beating the air.(空気を叩くようだ)
【用例】 「そんな危ない橋を渡るようなことはやめなさいと言っても、私の意見にはまるで耳を貸さない。まるで豆腐に鎹だよ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス