問うに落ちず語るに落ちる

【読み】 とうにおちずかたるにおちる
【意味】 問うに落ちず語るに落ちるとは、秘密というものは、人に聞かれたときは用心して漏らさないものが、自分から話し出したときはついうっかり口をすべらせて真実を話してしまうものだということ。

【問うに落ちず語るに落ちるの解説】

【注釈】 「落ちる」は、白状するという意味。
「問うには落ちいで語るに落つる」「問うに落ちぬは語るに落つる」「語るに落ちる」ともいう。
【出典】
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】 The tongue is ever turning to the aching tooth.(舌は常に痛む歯のところへ行く)
【用例】 「問うに落ちず語るに落ちるで、こちらから何も探っていないのに、彼女は自ら秘密をばらしていた」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス