登竜門

【読み】 とうりゅうもん
【意味】 登竜門とは、立身出世、大切な試験や審査の関門のたとえ。

【登竜門の解説】

【注釈】 「竜門」とは黄河の上流にある登竜山を切り開いてできた急流でのことで、この急流を登ることができた鯉は竜になるという伝説から、この関門を登ることが立身出世への道になる、成功の糸口となるということ。
『後漢書・李膺伝』に「是この時朝庭日に乱れて、綱紀たいたす。膺独り風裁を持し、以て声名自ら高し。士の其の容接を被る者有れば、名づけて登竜門と為す」とあるのに基づく。
「登龍門」とも書く。
【出典】 『後漢書』
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】 a gateway to success.(成功への入口)
【用例】 「このコンテストで入賞することは、有名作家になるための登竜門と言われている」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

登竜門(とうりゅうもん)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
登竜門の意味・語源・由来 - 語源由来辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス