使っている鍬は光る

【読み】 つかっているくわはひかる
【意味】 使っている鍬は光るとは、たゆまず努力をしている人は、生き生きとして立派に見えることのたとえ。

【使っている鍬は光るの解説】

【注釈】 いつも使っている鍬は錆びることがないので、いつも光っている。
絶えず努力をする人は、自然とそれが表に出るということ。
「使う鍬は錆びない」ともいう。
【出典】
【注意】
【類義】 転がる石には苔が生えぬ/転石苔を生ぜず/流れる水は腐らず/繁昌の地に草生えず/人通りに草生えず/淀む水には芥溜まる/流水腐らず、戸枢螻せず
【対義】
【英語】 Iron with use grows bright.(鉄は使えば光る)
The used key is always bright.(使っている鍵はいつも光っている)
【用例】 「彼はいつも忙しく仕事に精を出していて、休む暇がないと笑って言うが、常に生き生きとして輝いている。使っている鍬は光る、だね」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス