月満つれば則ち虧く

【読み】 つきみつればすなわちかく
【意味】 月満つれば則ち虧くとは、物事が盛りに達した後は、必ず衰え始めることのたとえ。また、栄華をきわめたことにおごることへのいましめ。

【月満つれば則ち虧くの解説】

【注釈】 「虧く」は「欠く」に同じ。
月は満月になった後は、徐々に欠けて細くなっていくことから。
『史記・蔡沢伝』に「語に曰く、日中すれば則ち移り、月満つれば則ち虧く、と。物盛んなれば則ち衰うるは、天地の常数なり。進退盈縮、時と変化す。聖人の常道なり(こう言われています、太陽はてっぺんまで昇ると落ちていき、月は満ちると欠け始めると。物事も盛んになればやがて衰えていくのが天地不変の定めです)」とあるのに基づく。
「月満つれば虧く」とも。
【出典】 『史記』
【注意】
【類義】 栄枯盛衰/驕る平家は久しからず盛者必衰/生者必滅/大吉は凶に還る/日中すれば昃き、月盈つれば食く/盈つれば虧く/物盛んなれば則ち衰う/羅紈有る者は必ず麻蒯有り
【対義】
【英語】 Every tide has its ebb. (満潮あれば干潮あり)
【用例】 「月満つれば則ち虧くで、あんなに利益を上げていた会社も、今では火の車らしい」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス