月に叢雲、花に風

【読み】 つきにむらくも、はなにかぜ
【意味】 月に叢雲花に風とは、よいことには邪魔がはいりやすく、長続きしないものだというたとえ。

【月に叢雲花に風の解説】

【注釈】 名月の夜には雲がかかってせっかくの月が見えず、満開の花には風が吹いて花を散らしたりする。
転じて、良いことにはとかく邪魔が入りやすく、思うようにはいかないということ。
「叢雲」は「群雲」とも書き、群がり集まった雲のことをいう。
【出典】
【注意】 相性が良くないの意で使うのは誤り。
誤用例 「彼らはいつどんな時でも言い争いをしている。まるで月に叢雲、花に風のようだ」
【類義】 好事魔多し/寸善尺魔/花に嵐/花発いて風雨多し
【対義】
【英語】
【用例】 「公私ともに絶好調な日々が続いていた時に、大病が発覚した。やはり人生は月に叢雲、花に風だ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス