月と鼈

【読み】 つきとすっぽん
【意味】 月とすっぽんとは、二つのものの違いがあまりに大きすぎて、比較にならないことのたとえ。

【月と鼈の解説】

【注釈】 月もスッポンも丸い形ではあるが、似ているのは形が丸いことだけで、その差は比較にもならないほど大きいことから。
多くの場合、優れたものと劣ったものを比較するときに使う。
鼈は俗に「まる」と呼ばれる。
【出典】
【注意】
【類義】 雲泥の差/雲泥万里/烏と鷺/鯨と鰯/霄壌の差/駿河の富士と一里塚/提灯に釣鐘/天と地/灯心に釣鐘/鍋蓋とすっぽん/箸に虹梁/瓢箪に釣鐘/雪と墨
【対義】
【英語】 As burr around the moon bodes wind and rain.(白墨とチーズの如し)
【用例】 「僕と兄とを比べたら、月とすっぽんだよ。兄は勉強もできたし、スポーツも万能で、人付き合いにも長けている」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス