月夜に釜を抜かれる

【読み】 つきよにかまをぬかれる
【意味】 月夜に釜を抜かれるとは、ひどく油断すること、不注意きわまりないことのたとえ。

【月夜に釜を抜かれるの解説】

【注釈】 「抜かれる」は、盗まれるという意味。
明るい月夜だから盗まれる心配はないだろうと思っていたら、大事な釜を盗まれてしまうことから。
『江戸いろはかるた』『上方(京都)いろはかるた』の一つ。
「月夜に釜を抜く」「月夜に釜をとられる」「月夜に釜」ともいう。
【出典】
【注意】 「月夜に釜を掘られる」というのは誤り。
【類義】 鳶に油揚げをさらわれる/鳶に掛けられる
【対義】
【英語】
【用例】 「月夜に釜を抜かれるで、鍵をかけずに外出している間に泥棒に入られた」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス