月夜に提灯

【読み】 つきよにちょうちん
【意味】 月夜に提灯とは、必要ないもの、役に立たないもののたとえ。

【月夜に提灯の解説】

【注釈】 明るい月夜に提灯を灯して歩いても、役に立たないどころか邪魔になることから。
過ぎた贅沢などに対して使われることが多い。
「月夜に提灯夏火鉢」と続けてもいう。
【出典】
【注意】 「昼の行燈」と混同して「昼の提灯」というのは誤り。
【類義】 夏炉冬扇/昼の行燈/無用の長物
【対義】 月夜に提灯も外聞
【英語】 To carry a lantern in midday.(昼間にランプを持って歩く)
【用例】 「こんな暖かい日にストーブをつけているだなんて、月夜に提灯もいいところだ」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス