爪で拾って箕で零す

【読み】 つめでひろってみでこぼす
【意味】 爪で拾って箕でこぼすとは、少しずつ長い時間をかけて苦労してためたものを、あっけなく使い果たしてしまうことのたとえ。また、収入は少ないのに支出が非常に多いことのたとえ。

【爪で拾って箕で零すの解説】

【注釈】 「箕」とは、竹で編んだ農機具の一種で、穀物をふるってごみや殻を除くためのもの。
一つずつ爪の先で拾い集めるようにためたものを、箕でふるって全部こぼしてしまうの意味から。
「爪で拾って箕であける」ともいう。
【出典】
【注意】
【類義】 針で掘って鍬で埋める/枡で量って箕でこぼす/耳掻きで集めて熊手で掻き出す
【対義】
【英語】 Narrow gathered, widely spent.(けちけち貯めて湯水の如く使い果たす)
【用例】 「爪で拾って箕でこぼすように全財産を使い果たした」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス