爪に火を灯す

【読み】 つめにひをともす
【意味】 爪に火をともすとは、非常にけちなこと。また、極端に倹約することのたとえ。

【爪に火を灯すの解説】

【注釈】 けちでろうそくを買わない、あるいはろうそくも買えないほど貧乏なため、ろうそくの代わりに爪に火をつけて灯りをともすことから。
「爪に火を点す」とも書く。
『尾張(大阪)いろはかるた』の一つ。
【出典】
【注意】 「爪に火を燃やす」とするのは誤り。
【類義】 けちん坊の柿の種/吝ん坊の柿の種/袖から手を出すも嫌い/出すことは舌を出すのも嫌い/爪から火が出る
【対義】
【英語】 He will shave a whetstone.(彼は砥石を剃る)
【用例】 「爪に火をともすような生活も結構だが、大金を貯めたいのなら、外へ働きに出たほうが得策ではないか?」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス