罪を憎んで人を憎まず

【読み】 つみをにくんでひとをにくまず
【意味】 罪を憎んで人を憎まずとは、犯した罪は憎むべきだが、その人が罪を犯すまでには事情もあったのだろうから、罪を犯した人そのものまで憎んではいけないという教え。

【罪を憎んで人を憎まずの解説】

【注釈】 『孔叢子』刑論にある孔子の言葉「古之聴訟者、悪其意、不悪其人(昔の裁判所では訴訟を取り裁くとき、罪人の心情は憎んだが人そのものは憎まなかったの意味)」から。
「憎む」は「悪む」とも書く。
聖書(ヨハネ福音書8章)にも「罪を憎んでも人を憎まず」という言葉があり、孔子の「罪を憎んで人を憎まず」と同じ意味と解釈される。
【出典】 『孔叢子』刑論
【注意】 「罪を憎んで人を恨まず」は誤り。
【類義】 其の罪を悪んで其の人を悪まず
【対義】
【英語】 Hate not the person but the vice.(人を憎まずに罪を憎め)
【用例】 「あの時はずいぶんとひどいことをされたものだけど、罪を憎んで人を憎まずだ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス