角を矯めて牛を殺す

【読み】 つのをためてうしをころす
【意味】 角を矯めて牛を殺すとは、小さな欠点を無理に直そうとして、かえって全体をだめにすることのたとえ。

【角を矯めて牛を殺すの解説】

【注釈】 曲がった牛の角をまっすぐにするために叩いたり引っぱったりすると、牛は弱って死んでしまうことから、わずかな欠点を直そうとして、かえって全体をだめにしてしまうことをいう。
「矯める」とは、矯正する。曲がったものをまっすぐにするという意味。
【出典】
【注意】 「矯めて」を「溜めて」と書くのは誤り。
【類義】 技を矯めて花を散らす/枝を撓めんとして幹を枯らす/角を直して牛を殺す/葉をかいて根を絶つ/下手な治療は病気より悪い/仏を直すとて鼻を欠く/枉がれるを矯めて直きに過ぐ/磨く地蔵鼻を欠く
【対義】
【英語】 Better a snotty child than his nose wiped off.(鼻がちぎり取られていない子供よりも、鼻たらしでも鼻のある子供のほうがいい)
The remedy may be worse than the disease.(治療が病気より悪いこともある)
【用例】 「ほんの単純な計算ミスをそんなに責め立てたら、勉強する意欲自体をなくしてしまうよ。角を矯めて牛を殺すことになる」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス