内で掃除せぬ馬は外で毛を振る

【読み】 うちでそうじせぬうまはそとでけをふる
【意味】 内で掃除せぬ馬は外で毛を振るとは、家庭内でしつけをされていない子供は、外に出ると家での教育のほどがすぐにわかるということのたとえ。

【内で掃除せぬ馬は外で毛を振るの解説】

【注釈】 きちんと手入れされていない馬は、外に出たときに汚れを落とそうとして毛を振り、飼い主の手入れの悪さがわかることから。
【出典】
【注意】
【類義】
【対義】
【英語】
【用例】 「大声で店中を走り回って、あの子はどんな教育をされてきたんだ。内で掃除せぬ馬は外で毛を振るというものだ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス