独活の大木

【読み】 うどのたいぼく
【意味】 独活の大木とは、体ばかり大きくて役に立たない人のたとえ。

【独活の大木の解説】

【注釈】 独活の茎は木のように太く、高さは2メートルにもなるが、柔らかくて用材にならないことから。
【出典】
【注意】 人ではなく物に使うのは誤り。
誤用例 「こんな立派な美容機器があっても、使わなければ場所だけ占領されて独活の大木みたいだね」
褒め言葉として使うのは誤り。
誤用例 「子供の頃は背も小さいほうだったのに、今はこんなに大きく成長して。独活の大木のようですね」
【類義】 独活の大木柱にならぬ/独活の大木蓮木刀/大男総身に知恵が回り兼ね/大男の殿/大男の見掛け倒し/大きな大根辛くなし/白豆腐の拍子木/千人持ちの蒟蒻/長鞭馬腹に及ばず
【対義】 山椒は小粒でもぴりりと辛い/細くても針は呑めぬ
【英語】 Great trees are good for nothing but shade.(大木は日陰を利用できること以外何の役にも立たない)
【用例】 「彼は体も大きく食欲もすごいけど、さっぱり働かない。彼のような人を独活の大木というのだろう」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

独活の大木の意味・語源・由来 - 語源由来辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス