烏合の衆

【読み】 うごうのしゅう
【意味】 烏合の衆とは、まとまりのない寄せ集めの集団のこと。

【烏合の衆の解説】

【注釈】 カラスの群れがてんでに集まったり散ったりすることから、規律も統制もないものたちが寄り集まった群集のことをいう。
寄り集まって騒ぐだけの群衆や軍勢をあざけっていう言葉。
『後漢書・耿えん伝』にある、耿えんが漢の皇帝の子孫と偽称して挙兵した王郎の軍隊に対して言った「烏合の衆に過ぎない王郎の軍など、枯れるを挫き腐れたるを折るように簡単に蹴散らすことができる」という言葉に基づく。
【出典】 『後漢書』
【注意】
【類義】 瓦合の衆
【対義】
【英語】 The mob has many heads but no brains.(暴徒は頭数だけたくさんあるが、脳味噌はまったくない)
【用例】 「いちゃもんをつけてきた相手は烏合の衆に過ぎないのだから、恐れる必要はない。毅然と立ち向かえば良い」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス