有為転変は世の習い

【読み】 ういてんぺんはよのならい
【意味】 有為転変は世の習いとは、この世は常に激しく移り変わり、とどまることなく変化するものだということ。

【有為転変は世の習いの解説】

【注釈】 この世で起きる様々の出来事は、すべて固定したものではなく、常に移り変わっていく。
「有為」とは、仏教語で、因縁によって生じた様々な現象のことをいう。
ここでの「習い」は「学習する」の意ではなく、「世の中の常」という意味。
「有為転変の世の習い」また、単に「有為転変」とも。
【出典】
【注意】 「有為」を「ゆうい」と読むのは誤り。
【類義】 有為無常/移れば変わる世の習い/昨日の淵は今日の瀬/盛者必衰諸行無常万物流転世の中は三日見ぬ間の桜かな
【対義】
【英語】 All worldly things are transitory.(この世のものはすべて過ぎ去りやすい)
【用例】 「あんなに自然でいっぱいだった故郷も、今や高層ビルが隙間なく建ち並んでいる。有為転変は世の習いというが、少し寂しいものだね」

【分類】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

有為転変(ういてんぺん)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
有為転変の意味・読み・漢検級・由来・類義語・対義語 - 平明四字熟語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス