氏より育ち

【読み】 うじよりそだち
【意味】 氏より育ちとは、人間を形成するときに大事なのは、家柄よりも教育や環境であるということ。

【氏より育ちの解説】

【注釈】 血筋よりも、境遇のほうが人間を作る上で大事だというたとえ。
「氏」とは、家の格式のこと。
「人は氏より育ち」ともいう。
『上方(京都)いろはかるた』の一つ。
【出典】
【注意】 出自を評価して使う言葉であるから、たとえ褒める場合であっても相手に対して使うのは失礼にあたるので、注意が必要。
【類義】 生まれつきより育ちが第一/育ちは育ち/兎角育ちは恥しきもの
【対義】 氏素性とは恥しきもの/氏素性は争われぬ/上知と下愚とは移らず
【英語】 It is breeding and not birth that makes a man.(人間を形成するのは育ちであって、氏ではない)
Nurture is above nature.(天性より養育)
【用例】 「彼は貴族の出だと言うけれど、他人に対する無礼な言動を見ていると、人間氏より育ちなのだと痛感してしまうね」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス