馬の耳に念仏

【読み】 うまのみみにねんぶつ
【意味】 馬の耳に念仏とは、人の意見や忠告に耳を貸そうとせず、少しも効果がないことのたとえ。

【馬の耳に念仏の解説】

【注釈】 馬に念仏を聞かせても、そのありがたみがわからないことから。
【出典】
【注意】 念仏のありがたさがわからない愚かな奴の意味が含まれているため、目上の人に用いるのは誤り。その場合は「馬耳東風」を使うとよい。
【類義】 犬に小判/犬に念仏猫に経/犬に論語/兎に祭文/牛に経文/牛に麝香/牛に説法馬に銭/牛に対して琴を弾ず/馬に経文/馬の耳に風/馬の目に銭/蛙の面に水/猫に石仏/猫に胡桃をあずける/猫に小判馬耳東風豚に真珠豚に念仏猫に経
【対義】
【英語】 A nod is as good as a wink to a blind horse.(目の見えない馬にうなずいても目配せしても同じことだ)
【用例】 「いくら君が親身になって忠告しても、彼には馬の耳に念仏だよ」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス