馬を崋山の陽に帰し、牛を桃林の野に放つ

【読み】 うまをかざんのみなみにきし、うしをとうりんのやにはなつ
【意味】 馬を崋山の陽に帰し牛を桃林の野に放つとは、戦争が終わり平和になるたとえ。

【馬を崋山の陽に帰し牛を桃林の野に放つの解説】

【注釈】 周の武王が殷を滅ぼしたときに、戦争に使用した馬を崋山の南側に帰し、武器などを運搬させた牛を桃林に放って、二度と戦争はしないことを人民に示した故事に基づく。
「牛を桃林の野に放つ」ともいう。
【出典】 『詩経』
【注意】
【類義】 帰馬放牛
【対義】
【英語】
【用例】

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典類語辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス