馬を牛と言う

【読み】 うまをうしという
【意味】 馬を牛と言うとは、権力などを利用して、自分の主張を無理に押し通すことのたとえ。また、人の心の中を推測することのたとえ。

【馬を牛と言うの解説】

【注釈】 馬と牛は明らかに違うものであるのに、馬を牛だと言い切って、自分の主張を無理やり押し通すことから。
心中を察する意味は、孔子が弟子たちと歩いていたときに垣根から馬が頭を出し、孔子はそれを「牛だ」と言ったところ、弟子の顔回は誰よりも早く「午(十二支のうま)の字は、頭を出すと牛になる」と悟ったという『雑話集』の話から。
【出典】
【注意】
【類義】 鷺を烏と言いくるめる鹿を指して馬と為す/白を黒という/雪を墨
【対義】
【英語】
【用例】 「彼は絶対に自分の非を認めないだろう。馬を牛と言うような人なのだから」

【分類】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス