馬痩せて毛長し

【読み】 うまやせてけながし
【意味】 馬痩せて毛長しとは、人間は貧苦にあえぐと知恵が働かなくなるということ。

【馬痩せて毛長しの解説】

【注釈】 馬は栄養が悪いと、痩せて毛ばかりが長く見えるように、人も貧乏になると頭の働きが悪くなる。
『五灯会元』に「人貧しければ智短く、馬痩せて毛長し」とある。
また、『曾我物語』には「馬やせて毛長く、いばゆるに力なし。人貧にして智みじかく、言葉いやし」とある。
「馬疲れて毛長し」ともいう。
【出典】 『五灯会元』
【注意】
【類義】 運尽くれば知恵の鏡も曇る/窮すれば鈍する/窮すれば濫す/鈍すりゃ貧する/人貧しければ智短し/貧すれば鈍する
【対義】
【英語】
【用例】 「馬痩せて毛長しで、彼は職を失ってから別人のようになってしまった」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス