梅に鶯

【読み】 うめにうぐいす
【意味】 梅に鶯とは、取り合わせのよい二つのもの、よく似合って調和する二つのもののたとえ。仲のよい間柄のたとえ。

【梅に鶯の解説】

【注釈】 花が咲いている梅の枝に鶯がとまっている光景は、ぴたりと合ってさまになることから。
あとに「柳に燕」「紅葉に鹿」「牡丹に唐獅子」「竹に虎」などと続けてもいう。
【出典】
【注意】
【類義】 猿に絵馬/獅子に牡丹/竹に雀波に千鳥/牡丹に唐獅子、竹に虎/牡丹に蝶/松に鶴/紅葉に鹿/柳に燕
【対義】
【英語】
【用例】 「梅に鶯のような取り合わせだね」

【分類】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

語源由来辞典四字熟語辞典違いがわかる事典日本語俗語辞書

Copyright ©2011- 故事ことわざ辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス